前へ
次へ

中国語の学習は漢詩が有効

もし、今全く中国語が分からなくて一から学ばなくてはならないという場合、どこから手をつければ良いか迷ってしまうかと思います。
単語を覚えるのか、文法を覚えるのか、いずれにしてもなんとなくでも身につくまでにだいぶ時間がかかります。
また、「けっこう身についてきたぞ」と実感しにくいので、途中で挫折してしまうこともあり得ます。
英語のように日常に溶け込んでいる言語とは言えないため、ある程度身につくまでがたいへんな言語だと言えるでしょう。
そこでおすすめなのが漢詩の学習です。
漢詩なら中高生の時に触れる機会もあり、有名なものなら意味もわかる人が多いです。
また漢詩を学習することで、発音もリズムとともに学べます。
数行程度と短いものも多く、覚えるごとに達成感も味わえるのではないでしょうか。
漢詩をいくつかソラで言えるようになると「中国語が身についてきた」「発音できるようになった」と実感できるので、次のステップに進みやすくなるでしょう。

Page Top