前へ
次へ

中国語では声調の学習が要となる

中国語の学習法として、独学であれば様々なソフトや参考書を活用しましょう。
最近では、電子辞書やスマホアプリが活用されており、わざわざ教室や通信講座を利用しなくとも、耳と目で中国語を学ぶことが容易くなっています。
ちなみに、通訳機もあるので、日本語を中国語に翻訳することや、外国語同士の翻訳もできるため、言語の壁をなくしたコミュニケーションが図れます。
学習法として最も苦手とされるのは、第一声からある発音でしょう。
ネイティブ講師によれば、一声は高く一定の平らな音になり、二声は急に高く上がり、三声は低く抑え、四声は一気に下がるように発音することを何度となく発声させるといいます。
中国語の学習法で、発音を身につけるときには声調が正確でなければ、意味が相手に伝わらないばかりか、誤解も生じることになります。
初歩として基礎固めが必要で、よく学習法としてアドバイスされるのは、漢字の上に四声マークを付けてからイントネーションも理解して練習する方法です。

Page Top