ムダ毛と言われてきたそのワキやビキニラインの毛の本当の役割!

15.09.14 / 美容エステ / Author: / Comments: (0)

ワキやすね毛などの脱毛をする時に、どうしてこんなところに沢山毛が生えるんだろうと思ったことがある人は多いでしょう。脱毛したい人にとっては邪魔な体毛にも実はいくつかの役割があるからこそ生えているのです。

そもそも人間に生えている体毛の役割は、人間に進化する以前の猿の頃からの名残だということを理解しておきましょう。猿は全身を体毛に包むことで、気温の変化に柔軟に対応することが出来て、様々な衝撃から身を守ることが出来ました。人間に進化した後も、腕や足のムダ毛が残っているのは、温度変化や厳しい日差しなどから身を守るということと、触覚のように身の回りの空気を感じやすくするためでは?といわれています。

また、ワキやビキニラインといった脱毛したい場所に生える体毛の役割として大きいのは異性に求愛するためという理由です。
ワキや性器からはフェロモンと呼ばれる通常ではあまり感じることの出来ない香りを発散させます。これが体毛によって周囲に拡散されやすくなるため、ワキやビキニラインの体毛の役割は子孫繁栄のために必要不可欠だったといえるでしょう。

しかし今現在においてはここまでに挙げたような体毛の役割の恩恵にあずかることはほとんどなくなってきているため、不要な場合脱毛するのも良いでしょう。

体に生えている毛の本数と、毛を取り巻いている体毛構造!

07.09.14 / 美容エステ / Author: / Comments: (0)

脱毛をしようと考えている場合、知っておいた方がよい知識は色々とあります。その中のひとつに、体毛の構造があります。
人間の体毛は、約500万本も生えています。その中で、皮膚の表面に見えている体毛は、約140万本程度です。

つまり、脱毛する毛は140万程度ということになります。しかし、その体毛の3分の2は皮膚の下に隠れてしまっているのです。つまり、皮膚の上に出ているのは、毛の3分の1だけなのです。この皮膚の表面に出ている毛は毛幹といいます。毛穴は毛幹が出ている部分です。皮膚の中にある毛組織全体を毛根と呼びます。

毛根の最下部は球状にふくらんでいるのですが、この部分を毛球といいます。更に、毛球のくぼんだ底の部分を毛乳頭と呼び、この部分に神経や血管が集中していて、毛母細胞に栄養素を送っています。毛母細胞は毛乳頭の上にある細胞で、この部分が細胞分裂をくり返すことで毛が伸びる構造になっています。

毛包は毛根全体を取り囲んでいる組織のことです。このように、体毛の構造はとても複雑なものであり、それぞれ働きがあります。このような知識があれば、脱毛をする時に、どのようにして脱毛の施術するのかという説明も、わかりやすくなります。

最近人気が沸騰中のキレイモってどんなところ?

02.09.14 / 美容エステ / Author: / Comments: (0)

最近ふらっと脱毛についての記事をネットサーフィンして見ていたんですけど、結構前に元AKBだった板野友美さんが脱毛サロンをプロデュースしていたことを知りました。かなり遅いかも笑

でもこの脱毛サロンが溢れかえっているこういったご時世に脱毛サロンをあらたにオープンするっていうのは凄いなぁなんて素直に思っていました。だって、私は横浜に今は住んでいるんですけど、横浜駅周辺だとか、川崎だとかって本当にもう脱毛サロンがひしめきあってますからね。「あっ、こんなところにもサロンあった。」みたいな感じで飛んでもない数あるのは容易に想像できちゃいます。

で、キレイモなんですが、どうやら結構見た目だけと思ったら中身もしっかりしているんですよね。そりゃそうか笑
実際に料金だって安いし、ジェルが不必要ってのはでかいですよね。私が実際に脱毛サロンに通ったときに脱毛サロンのジェルをつけられてヒヤーっとするあの感じとか、完全に拭き取られたかなぁって心配になりながら服をきたりとかって結構地味に嫌でしたもんね。こういったちょっと細かいところまで考えられてかは分からないんですけど、嬉しいところですね。

あとは、スリムアップローションっていうのがあって、それを最後に塗ってくれるみたいですね。これはどこの脱毛サロンにもない点なのでちょっとオリジナリティがあって良いですね。ブログでも割と良く雑誌で見る読モの子たちが良く通っている写真をアップしているので、美意識が高い人向きですよね。ガールズスタイルとかmerとかの雑誌でも良くみる私の好きな武智志穂ちゃんも通っていた写メをアップしていたので結構興味がそそられています。